プロフィール - 影山ヒロノブ

16歳のときに、バンド“LAZY(レイジー)”を結成。

1977年にプロデビュー。 「赤頭巾ちゃんご用心」「DREAMER(ドリーマー)」などの名曲を残し、LAZY解散後、ソロとして1985年、スーパー戦隊シリーズ「電撃戦隊チェンジマン」の主題歌で、 アニメ・特撮ソングデビュー。以後『聖闘士星矢』の主題歌 「聖闘士神話~ソルジャードリーム」など、多数のアニメ・特撮ソングを歌う。 1989年『ドラゴンボールZ』のオープニング曲「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は 130万枚のセールスを記録。現在は、アニソン界最強ユニット“JAM Project”の リーダーとして活動中。2003年からは毎年世界各地5カ国以上から「ANISON」イベントのオファーを受け、2008年にはついにJAM Projectを率いて日本のアーティストとしては数少ない8カ国10都市をまわる「ワールドツアー」を敢行。アニソンファクターとしても数々の名曲を生み出し続ける。国内のみならずブラジル、アルゼンチン、スペイン、台湾etcなどワールドワイドに活躍している。 デビュー30周年となる2007年にはセルフプロデュースによる“影山ヒロノブ”のオリジナルアルバ「30years3ounce」をリリース。自身のライフワークとしたアコギライブを積極的に行い、全国津々浦々までその音楽を届けるなど、多岐に渡って活動中。

2010年、JAM Project結成10周年を迎え、記念アルバムの制作・リリースと、それに伴い武道館2DAYSを含む、国内海外合わせおよそ20か所の公演を敢行。2012年7月にはJAM Projectとして初の南米ツアー(ブラジル、ペルー、チリ、アルゼンチン)を開催。2013年2月には初の大阪城ホール、横浜アリーナでのライブを敢行。2013年10月3年ぶりにオリジナルアルバムを発売。